スズキさんはただ静かに暮らしたい